2010年5月29日土曜日

ジャケツイバラ

道路脇の藪の中に咲く黄色の花が、何時も車で走りながら気になっていました。一昨日の午後、やっとカメラに収めてきました。
ジャケツイバラ という木でした。

花は葉よりも上の方で咲いていますから、遠くからでもその存在が分かります。

藤の花を上に向けた様な花序ですが、
黄色の花は全て下を向いて咲いていました。


ジャケツイバラは、蛇結茨 と書くそうです。
漢字の通りで、枝に有る大きな棘を利用して他の木に結び付けたように絡まりながら伸びています。
写真手前に大きく張り出した枝は去年のものの様ですが、棘はまだしっかりと残っていました。




秋には大きな褐色の莢がぶら下がっていました。まだ残っていて、 固いままのものや、綺麗に弾けて中の実が良く見える莢もありました。

7 件のコメント:

林 さんのコメント...

庭の花にしても良さそうですが、大きくなりすぎるのかな?

山果 さんのコメント...

昨日犬の散歩の時黄色い藤?を見付けじっと眺めた処です。何の花か?思案してました、丁度ブログ見て納得しました

笹舟 さんのコメント...

田ごしらえ
    猫は ゆっくり昼寝して

梶のさと さんのコメント...

道ばたに咲いているのを見かけることがありますが、
あの花でしょうか。キレイですが大変なトゲですね。

河原撫子 さんのコメント...

林さんへ
お花は本当に綺麗です。でも「人を寄せ付けない」と書いてありましたから、その大きく伸びた蔓性の枝の棘の鋭さが分かります。お庭には欲しくないな、と思いながら写真を撮りました。

Hapi さんのコメント...

hello... hapi blogging... have a nice day! just visiting here....

作東 さんのコメント...

ジャケツイバラ・・名前を聞くのも花を見るのも始めてのような気がします。
花は気がついていないだけなのでしょうか?
いろんな名前をよくご存知でいつも感心して見せて貰ってます。
田植えがようやく機械のするところだけ終わり後の手直し等はこれからです。