2011年6月29日水曜日

京鹿子と下野の花

蒸し暑い日が 続いています。
庭の花達はそれでも元気に順番を待っていた様に咲いて行きます。

なかでも良く似た花(同じ仲間なのですが)を二つ。
右は 「京鹿子(キョウガノコ)」












そしてこちらは 「下野(シモツケ)」



どちらも小さな株からですが数年で大きくなりました。花は京鹿子の方がふんわりと賑やかで、少し派手目でしょうか。鹿の子絞りから来た名前の様ですから。

7 件のコメント:

南河内の住人 さんのコメント...

ちり緬の「京 鹿の子絞り」が この花から由来していたのですか、 知りませんでした。この時期バックがグリーンでピンクの花は浮き出ますね。

林 さんのコメント...

下野から美作へ、上野から?美作へでしたかしら?
どちらにしても何となく下野の言葉は覚えているのですが花の姿・形は残念ながら覚えていません。

京鹿の子とまたどっちがどっちだったか覚えられないでしょうね。
まあいいや、その時その時の花を楽しませていただくことにしませふ。

作東 さんのコメント...

どちらもよく似た感じの可愛い花ですね。
下野(シモツケ)の読み方もわかりませんでした。言葉で聞いてはいましたが漢字はさっぱり忘れてしまってます。
毎日暑い日が続きます。朝から畑に出ても11時ごろになると体の方が家に帰りたがって
ゆうことを聞きません。
家に入ったらもう夕方まで外には出られなくなり休んだり日陰で動いたりです。
お互いに体調管理には気をつけましょう

河原撫子 さんのコメント...

南河内の住人さんへ
コメント有難うございます。
京鹿子の花の名前の方が、京の鹿の子絞りに由来しているようですよ。どちらにしても綺麗で華やかな花です。

とっこさん さんのコメント...

いつも目にしている草花なのに私は本当に知らないことばかりです。いつも感心しながら見させて貰っています。下野でシモツケとも知りませんでした。花は解るのですが、我家には「・・・シモツケ」なる花がありますよ。花は同じですが葉っぱの色が違います。葉の出掛けが赤い色で花が咲いているようにみえます。時間とともに同じような色になってきますが。また見てください。

青い草 さんのコメント...

花は見ることがあっても名前がわかず、“奇麗に咲いているな”と思うのみでした。
鮮やかのピンク色が冴えますね。

ゆうらぎ橋 さんのコメント...

何時も珍しいお花に分りやすい説明を頂きまして何も分らない私には勉強です。そして
写真がとっても綺麗ですが撮影の方法もまた教えて下さい。