2009年11月25日水曜日

ムラサキシキブの実



昨日の朝は裏の流しに薄氷が張ったというのに、今日は又嘘のようなポカポカ陽気。
一昨日野菜を届けに来てくれた姉夫婦。山に入った義兄がムラサキシキブの自生地を見つけてきてくれたので、陽気に誘われて私達も乢を越して次の谷に入ってみました。5~6本の木が目立つでもなく、それでいてたくさんの実を付けて晩秋の山裾に立っていました。園芸種と違って実は淡い紫色のようで。

乢越えの頂上付近、葉の落ちた木立の隙間からの眺めです。
  

3 件のコメント:

tomotomo さんのコメント...

紫式部も山に自生しているのですね。はじめて知りました。今年は白式部をホームセンターで買い植えているのですが。
寒かったりちょっと動くと汗ばんだりして、変化が激しいので体調には気をつけましょうね。

sigeko さんのコメント...

大粒のムラサキシキブの実ですね。
山の中で静かに年月を過ごして居たのでしょう。
山歩きも楽しみですね。

笹舟 さんのコメント...

風受けて
   枝たおやかに実紫