2014年9月21日日曜日

ベニバナボロギク

 お友達のブログでアケビを見せて貰って、あっ、あそこ!と思い出して行って見ました。
残念! せっかくの実は写真の通りです。
高い所にも幾つかの実が口を開けてぶら下がっていましたが、到底手の届くところではありませんから、諦めも付きます。



★★★★

先日お墓掃除に出掛けた午後、
花筒を洗うのに杉林の下の沢まで行って見ました。
間伐をしてから数年経っていますが、林の手入れも行き届いていませんから
植物の生態系も変わって来ています。

以前には無かったベニバナボロギク(紅花襤褸菊)の群れです。
別名を南洋春菊と言うそうです。食用になるんですね。

 先端がオレンジ色の花はまるで俯いているように下向きに、
しかもこれ以上は開きません。

終わった花は終わった所から、羽根毛の付いた種を飛ばしています。
新しい生息地に向かっているのでしょうか。


2 件のコメント:

林 さんのコメント...

そのアケビはスッパイから口にしなくて良かったですよ。

山田花子 さんのコメント...

ベニバナボロ菊 どこかで見たような花ですが、違うかもしれません。アケビがなる時期ですね。ぼ~~としてる間に季節はどんどん過ぎていきます。お母様の介護も大変ですね。頑張ってください。